更年期の症状とエストロゲンの関係

今まさに更年期真っ只中の私は、この時期ならではのまるで病気のような症状が、次々に発症してきています。

頭で理解できないことは納得できないという性格上、これは良い機会かなと考えるに至り、少し学習してみようかと思います。

1442548158135.jpg
一般に、閉経は50歳ごろといわれていますが、閉経をはさんでその前後10年間が「更年期」といわれる期間ということなのでそこに私はいるわけです。

「更年期」は、女性にも男性にもやってくる時期のようで、最近では男性の話題も見聞きするようになりましたよね。その症状はひとそれぞれであり、重症化してしまう人がいれば、まったく何も感じることなくその時期を終える人もいるというのです。

この時期に特有の症状を更年期症状と呼び、その中でも重い症状のことを更年期障害と呼ぶのだそうです。

以前お勤めしていた時、50代半ばの上司曰く、婦人科なんて子供生んだときだけで行ったことがないし、更年期なんてまったくなかったと言っていたことを思い出します。

二つ上の姉も同様に、40代後半のある日生理が終わった後出血などまったくなく、スパッと閉経し現在に至るまで更年期の症状といえそうなことはひとつもなく、元気に飛び回るように仕事をしています。

そして私といえば、離婚後は実家に戻り、子供たちの世話と実母の介護に明け暮れています。環境や境遇が違うからかなと思うこともありますが、人それぞれといわれれば確かにその通りなのですね。

白井田七★更年期でイライラする方にオススメ

田七人参にはホルモンバランスを整える成分サポニン高麗人参の4倍!!

更年期の女性に支持される白井田七は、国際有機認証団体より有機認証を唯一取得した田七人参です。
白井田七

どうしてこんな症状がでるの?

まずその原因を探ってみますと、やはり女性ホルモンの低下が最大理由のようですが、男性でも女性でも等しく老化はやってきますよね。 どうしてこんな症状がでるの?

女性の場合は、閉経がそのターニングポイントであり、老化によって起こるというのであるなら、残念ながら抗うことはできないということになりますよね。

女性ホルモンのエストロゲンという物質が、若いときにはどんどん作られていたのに、年齢とともに少なくなっていき、閉経とともに分泌されなくなってしまいます。

脳が女性ホルモンの分泌を促しても、なかなか分泌されないため身体が不調を訴えてくるという時期、と私は位置づけることにしました。

更年期を終えると、女性の場合ホルモンの関係により「骨粗しょう症」や「認知症」の心配が出てくるというのですからちょっと不安ですよね。

病気のような症状なのに、病気ではないかもしれないってかなり曖昧でもあるので、一応婦人科にも行ってみました。

先生いわく、「あまり酷いようならホルモン注射がありますよ」と・・・まだそこまでではないと感じたので、それはとりあえずお断りしときました。

ホルモン注射については、もっと知ってから出ないと不安と前々から思っていましたし、この症状が病気で無いとするなら、あえて身体に化学物質を入れるのはどうかな~とも思えましたから。

たくさん働いて、その仕事を退職すると考えたら、それは自然のことであり、その後は身体を休めながらゆっくり生活すれば良いのですよ。

これから述べていく症状や兆候がが出ているアナタ!ご家族に、怠けているなんて言われていませんか?そんなことは無いのですから大丈夫ですよ~

ひとつ言えることは、この時期を過ぎれば症状は治まるんじゃないかしら?きっと身体が納得するまでの間なのよってこと。

ご家族に理解してもらうため、何より自分で自分の身体を知るためにも、ここで一緒に学んでゆきましょう。

この更年期を上手にクリアして、その後にやってくるセカンドライフ・シニアライフを明るく元気な毎日にするために、しっかりと今できることをやっていきましょ。

必要であれば、健康補助食品や健康器具なんかにもトライしていく所存ですので、どうぞお楽しみに。

フィード